「川口避難者交流会」 美味しい中華と楽しいおしゃべりの時

3月23日(土)「川口避難者交流会」を
(一社)埼玉県労働者福祉協議会、川口、蕨、戸田地域労福協の実行委員会のもと、
協力・川口市とひまわりの会ということで開催\されました。
残念なことに、
初めてお会いできる避難者がいるかな~なんて期待していたのですが・・・
1家族の方とお会いできました。

参加者はおいしい中華料理をいただき、おしゃべりして皆さん満足!

12時ころ川口市の市長さんがご挨拶に見えてくれました。
4つのテーブルを回られ、丁寧に参加者の声に耳を傾けられておられました。
川口市は水道料金の減免を4月からも続クことに決定
直接市長にお礼を申し上げることができました。
ひまわりの会として、越谷市の被災者雇用と見守り活動の参考例をお話ししました。
震災後3年、これからが見守り活動が大切な活動になってきます。
是非そのような支援を「川口市」としてやってもらいたい。
主催者様、今回市長に直接お話しできたことに感謝いたします。

また、報道関係者に対し、写真は市長の挨拶時のみ、参加者への取材・写真はNO!

実はわたしたち「ひまわり」のメンバーはある新聞社の取材で失敗したことがあります。
そうれもこれも私たちは素人、
扱われ方が分かりません。
出来上がった記事は私たちがおもっていた ものとは違っていた・・・
みんなとても敏感になっています。
主催者の私たちへの配慮にお礼申し上げます。
私はこれからいろいろな催し物をさせていただくうえで、参考になりました。


今回の交流会は、私たちの活動だけではできないことです。
「ひまわりの花が咲きました」

支援者の支援の労福協様には、いつも力をいただいております。
活動をつぶしてはダメだ,,,と元気をもらっています。
労福協の永田様はじめ、関係者皆さんにお礼を申し上げます。
[PR]
by himawari0110 | 2013-03-24 21:50
<< 5月 ひまわりサロン 報告 埼玉でしかできない支援がある! >>