福島のおいしいもの 1

梅雨が明けました\(^o^)/
私は道産子、梅雨のないとこ生まれ

関東に住んだ期間のほうが何倍も長いのに、生まれというのは生涯ついてくるものか・・・
梅雨がどうも体が受け入れられない。

でも暑さには結構タフな私
冬の寒さも、夏の暑さにも耐えられる50歳過ぎた「十勝っこ」
結構辛抱強い

ひまわりのメンバー住んでいた福島県浜通りは、夏涼しく、冬暖かいところと聞く。
こちらは暑いということから、
「カレーを次の日食べようとしたら、匂っていた」
とメンバーが話していた。
暑いときカレーを冷蔵庫に入れるのは当たり前としている私たち・・・
少しの気温なのに、違いの大きさを知る。

福島のことを聞くと本当に良いところ
魚も果物も、お米も野菜もおいしくて  山菜もありの~
桃に関しては本当においしいものをいただいていたらしい。
こちらのスーパーの桃を食べて、桃のおいしさはこんなものではないと言う。
どんな味なんだ!!
私たちの知っている美味しい『福島の桃』以上のものってどんな?

私の故郷の人も同じだけれど、福島の人たちも美味しいものをよく知っている。
都会に住む私たちは、本物のおいしさの感覚を知らずに、また忘れているのかもしれない。

いつものおしゃべりの中で思うこと。
[PR]
by himawari0110 | 2012-07-18 00:39
<< 「ひまわりサロン」来てください 7月「ひまわりサロン」を報告します。 >>