加藤登紀子さんにお会いしちゃいました。

8月1日の加藤登紀子コンサートの実行委員会の代表(?)として
今日、加藤登紀子さんにお会いして、1時間30分もお話しすることができました。
埼玉新聞のK記者さんのお付きのつもり、私はリラックス、
緊張ゼロ
記者さんは朝の6時47分に私の携帯に電話をくれ「ビックだから、アポの1時間前についていたい」とかなりの緊張

私は四谷でパソコン訓練が3時終了
3時20分、汗だくだくで駆けつけた。

東京オリンピックに建ったというビルの5階
前日見ていたユーチュ-ブにでていた白い和紙のアート作品のある部屋に通された。
「今どこにいますか」という歌をやわらかな春の日差しの中で、登紀子さんが
この椅子に座り歌っていた・・・あの部屋

加藤登紀子さんは私の想像した通り以上の素敵な人だった。
大きくて芯がしっかり入っていて、揺らがなく優しく厳しい
記者さんの、緊張を溶かしてくれるような素敵な声で挨拶をしてくださった。

夢のような時間♥♥
言葉をつなぐと歌になるような・・・お話し
「命を守り、未来をつくる・・・使命を持って今まで生きてこられた。」なんて考えたことありますか?
誰かとそんな話をしたことありますか?
そんな場所に自分がいられて最高
もう一つ ただのお付きの私とも目を見てお話ししてくださった。
登紀子さんは誰にでも心に寄り添ってくれる人と、感じた。

原発については、
各プルトニュウムとご自分は同じ年生まれ
未来のプランの建たない、生命を破壊するものはいらない
今までは生命を繋ぐ人がいたから、世界が繋がった。
誰かがこの地球を破壊したがっているのではないか
原発についてはとても勉強されたという
さすが詳しい、だから「反対」と大きな声で言わなくても説得力がある。
大切なものは何か。
大人としての私たちの責任
今しなくてはいけない。それには・・・

歌の力を知っている人
3.11以降、どんどん歌を歌い、意欲的に作られたそうです。
すぐ被災地に飛んで行き、被災地にいる方たちと会ってきた。
『生きよう』くじけずに生きよう!を音楽で伝えたい。

あなたが選んだ道、どんな道でもあなたが選んだのであれば尊重し、支援する。
私もこの活動を続けるのにあたり、お話からヒントをいただいた。
ありがとうございました。



大きな声で歌えばいい
泣きたければ、泣けばいい
みんなで笑えあえばいい
「今どこにいますか」歌詞一部

私もひまわりのメンバーに「我慢しなくてもいいんだよ」と言っています。
叫びたいときって叫べばいい
叫べないから心が病む

心が病むと、新聞みても元気に立ち直っている人を見て、
そうにならない自分を責める。
そんな気持ちみんな同じ、
被災者であっても、なくても
でもたいへんだったね


みんなリリアに集まって2000席を満席にして、登紀子さんの歌を聴き、歌いましょう!
加藤登紀子さんの歌の力を見せてもらいましょう!
そして2000名で、良いステージをともにつくりましょう!

ぜひ埼玉の方、近隣の方
9月9日川口リリアに来てください。
詳しくはここをクイックしてお電話ください。
被災者の方、川口市にお住いの障害をお持ちの方は招待になります。お問い合わせください。


今日は実行委員になって大大特典!!
2012年8月2日(木)記念日の一つにします。
加藤登紀子さん本当にありがとうございました。
コンサートもよろしくお願いします。
[PR]
by himawari0110 | 2012-08-03 01:48
<< 千羽鶴を送ります [きじばと]の仲間はみんな福島... >>