加藤登紀子コンサート*報告

加藤登紀子コンサート終了しました。
会場2000人あつまりました。
登紀子さんの歌は、語るように、風の流れのように
心地よさに会場は魅了されました。

と言っても、私が観客としていたのは、第1部だけ・・・
実は・・・3週間前に「招待客のお礼の言葉を代表して言って欲しい」と事務局長さんからの依頼がありました。
私は「とんでもない」とお断りしたのですが、加藤登紀子さんのオフィスに行くことができた唯一の人間です。
あの時の加藤登紀子さんの『命』という言葉は私の活動の指針になりました。
とても有意義な時間をいただいたので、申し訳ないということで、やむなく引き受けることにしました。
楽しみにしていたコンサートは、私にとっては試練の場になってしまいました。

この3週間このことは誰にも内緒、夫にも・・・友達にも・・・
思いと伝えたいことはいっぱい!!
挨拶は最小限にしました。(原稿を考えているときも後悔、後悔、、、)

挨拶の要点は4つ
1、会場の皆さんに感謝の言葉
2、ひまわりのメンバーのこと
3、登紀子さんの愛をもらって、明日も元気に生きようと思ったこと。
4、実行委員会に関わり、いろんな方と出会い、新しい街つくりができた。
つっかかりながらも、伝えたいこと伝えました。

2000人の前でお話しするなんて、あり得ないことです。
本当にステージはアーティスト、実行委員会、ステージスタッフ、観客みんなで作るものとわかりました。

とても良い経験をさせていただきました。

実行委員会で応援していただいた「ひまわり募金」24000円ほど集まりました。
大熊町から貸していただいた携帯電話が期限切れということで、連絡先を失った「ひまわりの会」でしたが、このお金で携帯を買うことができるようになりました、。
被災者の方と、ひまわりの会が繋がるようになりました。
ありがとうございます。

またここでのお話しは次回に  
[PR]
by himawari0110 | 2012-09-09 23:53
<< 加藤登紀子コンサート*報告2 欲しいものは・・・?支援って? >>