いやいや、失敗です!!

私たちの活動の目的は何だったのだろう

ひと月に1回集まり、情報を仕入れたり、安否確認、つながりを持って、次につなげる。
笑いあり、涙あり・・・OK
そんな温かいサロンを想像していた。

川口に住んで、よかったと思えるよう、地域の者として「ひまわり」を支えよう。
サロンを開くにあったって、当事者ではできないことをしよう!
と思って活動をしてきた。

私たちの活動は「来る人を待っているだけだったかも・・・」
もう少し実在感を出しては
避難者の要望を少し出しては

ということで、実は大失敗したのだが
東電説明会を計画し、チラシも配ってみた。

説明会を、自宅に来て説明してくれた程度の物でー
「わかりやすく、優しく教えてもらおう」
それもこれも、主婦感覚
良い意味で・・・


計画は1か月以上余裕も持って、会場も押えた。
マイクも2本借りた。
・・・と東電に連絡したのは日程の20日前
(アレ?遅くない?)

慌てたのは私たちよりも東電
自分たちの知らないところでチラシが配られている!
10日東電の人が2人話し合いに来た。
私はその話し合いに入らなかったが、責任問題にもなったらしい。
東電は大きな組織、
たとえ参加者5名でも嘘の説明はできない。
説明してくれる人は、東電の代表者なのだから。
依頼からの日程は難しい。
参加対象者について決まりを作ってもらいたい。
(想像するに、困ったサンが来たら?)
説明会が今回できないことは、確認しなかった「ひまわり」の
会の責任(ごもっとも・・・)
代表の後からの報告は、ちょっと大まかではあるけれどこんな感じ

それから私たちは本格的に慌てた。福玉会議の時に、労福協の事務局にチラシを
福玉便りと一緒に送ってほしいとお願いし、もう発送済みだったから・・・
お詫び文も正式なものにするために労福協の事務局長さんに添削してもらい郵送する。
封筒と80円切手をもらう。

東電説明会の開催において、ひまわりが違う活動ができ、新しい仲間が増えればと思って計画した。
私は当事者ではないので、残念ながら今みんなが何を知りたいのか、何が必要なのかわからない。
それ以降、東電の説明会の話はメンバーの中ではでなくなった。
きっとそんなものだった?のかもしれない。
そんなのでいいの?
聞いてみたい。
自分の活動に対する姿勢について、反省してみる。
甘さを見逃していた 自分・・・
[PR]
by himawari0110 | 2012-10-29 00:59
<< 南相馬を訪ねて 1 私の友人Mさんのこと >>