南相馬を訪ねて 2

b0258241_17104354.jpg私達は南相馬の方々にとてもあたたかく迎えて頂き
ました。

川口市鳩ヶ谷ボランティア連絡会も、この度たくさんの支援金を集め、南相馬市社会福祉協議会にお渡ししました。

ひまわりの会として、10月のボランティア見本市で集めたメッセージシーツを、会長に渡し、社協のロビーに飾っていただけることをお約束頂きました。

午後の仮設訪問は2班に分かれ、入居者と交流
私は第2仮設
自治会長さんと、仮設の方々(皆さん女性)と
お話しをしました。
くらしの難しさ、でもここの仲間との交流の
ありがたさ…

自治会の運営にたいしての、
行政とのギャップ…

また床が低く、ひえる地面からの寒さ、壁も薄く、
この冬をどうやって越えなければならないか

寒さと精神的の疲れは、私には耐えられないかも
「ふつうの暮らし」に戻るまで、先の見えない不安
どんな高齢者でも、将来の希望はあります。
国も県も市や町も一生懸命に動いているのだと
思います。
でもその歯痒さは何なの?

仮設の方々に贈り物を持って行きました。
ボランティア連絡会から手作りセット(花柄のデコ
パージュ石鹸、ナイロンたわし、1枚1書きあげた
メッセージいりの絵手紙)
ひまわりの会はサロンの度に折っていた千羽鶴、
きじばとから預かってきた千羽鶴、
千羽鶴は内心、集会室に飾っていただくのは邪魔
かな…と心配していました。
でも「あたたかい贈り物もらい、涙がでちゃう」とのお言葉
あ〜私達の応援する気持ち、伝わったかな?

鶴を渡した写真撮って、きじばとにメールで送りました。
b0258241_17121754.jpg


南相馬の方々、きじばと、ひまわりの会、ボランティ
ア連絡会 が繋がりました。
[PR]
by himawari0110 | 2012-11-22 12:03
<< ひまわり 咲いた!! ひまわりサロン 11月報告で~す >>